ファクタリングは売掛債権を売却することで資金を得る方法

ファクタリングは、ファクタリング会社が売掛金を買い取ることによる資金調達方法なので「融資」ではありません。2社間ファクタリングは、御社(利用者)とビートレーディング(ファクタリング会社)の2社間で契約を完結します。

そのため、ファクタリングの仕組みを利用する際には、信用情報による影響がなく、赤字や税金滞納があっても利用できるサービスとして知られています。3社間ファクタリングは、売掛先からファクタリング会社へ送金していただきます。

売掛先は売掛債権の譲渡を承諾しており、直接ファクタリング会社へ売掛金を支払うので、御社からファクタリング会社への支払いは必要ありません。先に商品やサービスを納入業者が提供して、後からクライアントがその代金を支払う構造になっています。業者間の信用で成り立っているため「信用取引(掛け取引)」と呼ばれるのです。

この商品やサービスの納品から、入金までのタイムラグの間に発生するのが「売掛債権」です。納入企業(ファクタリングを利用する会社)にとっては、ファクタリングを利用すれば、本来は1カ月~2カ月先にならないと入金されない「売掛金」が早い場合は、即日資金化できるため、資金繰りが楽になるメリットがあるのです。

直近3年分あると良いです。前回の決算月より3~6カ月以上過ぎている場合には当年度の試算表などが必要な場合があります。

業歴が浅い場合や決算内容が良くない場合でもファクタリングの審査は通ることもあります。不安でもまずは審査に出してみると良いでしょう。